Illustrated by Youri Nishi (Sorna)TarutaruShock
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メイプルのつぶやき
芸人大好きの皆様こんにちわ!
 ウィンダスにも冷たい風が肌に刺さる日々がやってまいりまして、ミスラの私は寒さの届かないここ、プルノゴルノ島でバカンスしてます。
 おかげでリンクパールは砕かれるわ、会場管理部のリーダーにテルしても無視されるわ、船便で届くモーグリからの便りには「ギル キトク スグ カエレ」とか謎の文字が書かれていたりします。
 え、私は誰?
 ああ、自己紹介が遅れました。
 会場管理部のMapleleafです。気軽にめいぷるとでも呼んで下さいにゃ。
 私の得意技は情報収集。日々会議のログを保存しては編集するお仕事もしていました。
そんな私ですから、LMのこぼれ話も色々知ったりして、大会が終わった頃には海の中…なんて事にならないよう気をつけてます。

 …いえ、実は逃げてきたのです。
 芸人さんといえば、ヴァナ有名人の一角を確実に担っている方達です。
 そんな彼らの素顔を見る機会のある我々は、「秘匿義務」という堅苦しい言葉が日々ついて回っています。
 その情報は外に漏れぬよう、厳重な管理と統制がなされています。
 それを破れば我々の命はありません。ええ、確実に死が待っています。
 しかし、それ以上のタブーがあるのがこの世界。
 我々にも知ってはいけない物があるのです。知れば明日の朝日に屍を晒すハメになる…。

 そう。
 私は知ってしまった。
 だから、逃げてきた。
 そして最果ての南国の地でいまこうして、私の最後の言葉かも知れないこの記事を書いているのです。
 幸い、ウィンダスの魔法新聞社が私に真実を語るチャンスをくれました。
 貴方がこの記事を見る頃に私の命は私の身体と共にあるのでしょうか。
 …紙面も尽きてきました。
 貴方に伝えたいこと。
 それはあー某さんがスタッフに参加しようとした時、芸人のゆき某さんが言った言葉です。

あ「わたしエル♀で…」
ゆ「樽と猫以外の女性スタッフは許せるわけなかろう」
あ「( ゚Д゚)」
 これが、何を意味するかはラフターマニア2006のスタッフを見れば判るはずです。

 …海原の遠くに、定期便の影が見えてきました。
 あの船に魔法新聞社の記者がのっているh

  ☆★☆

影虎(以降カゲ)「ガル五郎、ここが南国プルノゴルノ島だぞ!」
ガル五郎(以降ガル)「ちゃーん!!」

私は影虎。芝鯖で冥府魔道の旅を続けているものです。
今回、ラフマニの仕事にしばしのお暇を貰い、この島にやって来たのでござる。

ガル「ちゃーん!!(とうちゃん、砂になにかうまってるよ!)」
カゲ「なんと。この砂浜には色々なものが埋まっていると聞いたでござる。早速掘ってみるでござる」

 影虎は書きかけの原稿用紙を手に入れた。
 影虎は早速その原稿用紙に書かれた記事を読んでみた。

カゲ「ガ、ガル五郎…」
ガル「ち、ちゃーん…」

 読み進めていくと、最後の文字は書きかけのまま止まっており、あちらこちらに染みのようなものが付着していた。
 どうやら…染みのようなものは…血痕のようだ…。

カゲ「ガ、ガル五郎((((;゜Д゜)))と、とうちゃん何かマズいものでも見たのか!?」
ガル「ちゃーん!!(とうちゃん逃げよう!!)」

 仔連れ【ガルカ】の冥府魔道の休暇は続くのか!?

スポンサーサイト
【2006/11/11 09:02】 | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラジオ前夜祭WEEK!! | ホーム | 子連れ【ガルカ】LMスタッフになって冥府魔道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://laughtermania2006.blog70.fc2.com/tb.php/16-a31a1953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。